« メリークルシミマス。 | トップページ | 帰省中。 »

2008年12月28日 (日)

お待たせ。そして…。

49another 『FF6<#2>』ようやくUP完了!
08年内に間に合いました。

←は、9話冒頭イラストのアナザーVerの、
近頃複雑な過去が明らかになりつつある、サンティオ兄弟です。
レンの話なんで、本編ではレンの絵にしたんですが、
やっぱり彼等の過去もちらっと書いた以上は、
サンティオ兄弟本人たちも描きたかったんで。

親子ではなく、兄弟として、夢ではなく、現実として、
この姿で2人が再会する日は果たして来るのか…?
描いていていろいろ考えると、少し切なくもなりました。
ビリーの頬の傷の深さがその関係の複雑さを物語るって感じで。

そして今回、以前から出番があるのかどうか不安視されていた、
あの原作FF6キャラ2人が遂にこの小説内でも解禁となりました!

<ロックとセリスについて以下反転↓>

正直言いますと、ロックとセリスは原作FF6を初プレイした当時は、
唐突にカップルになる展開に納得いかなかったクチであり、
2人とも完全に、(# ̄З ̄)…なキャラでした。
なんでロックは最初に「守る」と言ったティナとくっつかずに、
途中から出てきた女なんかとラヴラヴになってんだって感じで。
ティナが本編内で誰ともくっついてない事で、余計に納得いかなかったし。

だからぶっちゃけた話、最初は『FF6<#2>』にこの2人は
全く登場させたくなかったっていうのが本音です。

しかし時がたって、自分もいい歳の大人になってくると
考えも変わってきて、原作のそれはそれって感じであっさり切り捨てて、
2人を登場させるならば、原作FF6からお借りしたキャラとしてではなく、
リルムやクライドのように、『FF6<#2>』のキャラとして描いていこうと決め、
いつどのようにして出そうかと、考えまくりました。
裏コーナーでは2人を完全に敵視していたレンと直接絡ませて、
意外性を持たせるという事も前から決めてましたし。

今回は新たな気持ちで、ロックとセリスというキャラを楽しく描く事ができました。
2人に子供がいる事に驚いた方もいるかもしれませんが、
ロックには親馬鹿要素が加わり、これまでとは真逆にレンを敵視?したりもして、
いろいろと楽しんでいただけるように設定しました。

あと、カタリーナが息子と犬を連れて、いきなりサマサに行ったのは、
皆様が予想されているとおりの理由が原因です。

遅れてきて登場した彼等は、今後の小説本編にも上手く絡ませたいと思ってます。
ロックとセリスも、人気投票への投票が
めでたくOKとなりましたのでヨロシクお願いします!!

|

« メリークルシミマス。 | トップページ | 帰省中。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メリークルシミマス。 | トップページ | 帰省中。 »