« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

そういう訳で描いてみた。

今日は父の日という事で、お父さんな人の絵を2枚描いてみました。
メインは昨年は完全に問題外扱いされていたクライドさんで。
小説本編でも只今『クライドさんイクメン(育児を積極的に行う父親)化計画』?
を遂行中なんで、メインにするなら今しかないという事で。

オリジナルとかパラレルな要素に抵抗のない方だけどうぞ。

続きを読む "そういう訳で描いてみた。"

|

2010年6月19日 (土)

苦手な日々がまた、やってくる…。

梅雨入りした瞬間、一気に蒸し暑くなった気がします。
梅雨が明ければ、地獄の季節がスタートです。

毎年書いている事ですが、真夏の京都の蒸し暑さは異常。
夜も熱風しか吹かない、人を狂わせる殺人レベルだと思います。
真冬の寒さは厚着とかすればまぎらわせるけど、
暑さは簡単に逆らえるものではないですしねぇ。
職場の暑さも更に異常なんで、今でさえやばいのに、
この先まともに仕事がこなせるかが心配です。
小型のアイスノン装備しても、もつのは1時間程度だし。
こういう時だけ北国の人々がとっても羨ましくなります。

明日は父の日ですか。
何か絵を描こうかなとは思ってるけど、さてどうするか…。

拍手ありがとうございます!
↓以下、拍手レス。

続きを読む "苦手な日々がまた、やってくる…。"

|

2010年6月13日 (日)

鋼の精神と存在意義。

クライマックスのハガレンが本当に燃え燃え展開で面白いです。
ガンガン本誌では最終回を迎えたそうですが、自分はコミックス派なので
今はアニメだけを楽しんでいます。それでも充分に面白いってすげぇ。
これほど序盤と比べてスタッフが大きく成長したアニメも珍しいな。

原作者も連載真っ只中の忙しい時に出産していたという事実を最近知り、それも驚きです。
大昔の百姓の嫁は出産直前まで畑仕事をして、出産後すぐにまた畑に出て仕事を
していたとかいう話を祖母から聞いた事がありますが、まさにそれだなと感心しました。
実際に実家が牧場で相当に鍛えられてるそうなので納得です。

ピサロルーリのSSは書いてますが、書いているうちにふと、
二次のオリキャラとは何なのだろう、その存在意義とは…と急に深く考えるようになり、
ネットでいろいろ調べていくうちに、作品に普通に馴染んでいたはずのあのキャラは、
実はアニメだけのオリキャラだったという事実をいろいろ知りました。
特に驚いたのはサザエさんの花沢さんとかアナゴさんとか、うる星やつらのメガネとか。
アニメも公的な二次っちゃー二次と言えますが、彼等存在感ありすぎだろ?
メガネは某所でメガネ特集とかいうのを見てみたら、これは某ひ○゛らしの
固有結界のルーツと言えるんじゃなかろうか?とも思えるぐらい凄すぎ。
あまりのキ○ガイっぷりに一部の原作ファンからは批判もあったそうですが、
一オリキャラを公式アニメの中で暴走させたスタッフと、アドリブを交えて彼を演じきった千葉繁さんは尊敬に値します。
そう考えると同人の二次サイトのウチなんてまだまだだ、とより考えさせられました。

多数のオリキャラたちの存在があって成り立っているこのサイトですが、
原作キャラたちとのバランスとはどうあるべきなのか、どう違和感なく描くべきなのか、
どう自分の色を出すべきなのか……この辺はもうこのサイトにとっては
永遠のテーマなのかもしれません。てな感じで執筆に戻ります。

|

2010年6月12日 (土)

行ってみたら…。

歯の詰めものと被せた歯が一気に取れるという不吉な夢を見たんで、
虫歯とかも気になったんで、2年ぶりぐらいに歯科に行ってきました。
結果は異常なし! どうやら毎日寝る前にパソ画面見ながら
ボーッとして10分以上歯磨きしてる成果が出たようです。
昔は歯磨きって嫌いだったのになぁ。

あと劇場版ヘタリアも見てきました。
映画そのものは……某ヤフーレビュー等を見てお察しください、
言いたい事はレビューした人たちが全部言ってくれてます、な内容でした。
こないだ見た劇場版トライガンが本当に面白くてよかったので、
同じアニメ映画として余計に悪さが目立ちましたし。
悪さを挙げればキリがないけど、自分が特にダメだと思ったのは、
これまではヘタレでも別にウザイと思った事はなかった伊が、
今回に限っては心の底からウザすぎると思ってしまった事でしょうかねぇ…。
完全な被害者である声優さんたちや原作者に対しては、
本当に心中お察ししますって感じです。
これを機に離れていくファンが一気に増えそうで心配です…。
つか原作者は制作側に徹底的に抗議してもいいと思います。

気分直しに最近人気の『デュラララ!!』と
それのゲフンゲフン元になった?とも言われている
『IWGP』でも読んできます。

|

2010年6月 6日 (日)

おまえさん、あんまりおまえさんが誰かを崇拝したら、ほんとの自由は得られないんだぜ。

↑某スナフキンの台詞なんですが、深みのある考えさせられる台詞だと思う。
彼の台詞は原作版や平成アニメ版はもちろんの事、昭和アニメ版も
一言一言が深いですね。特に昭和は真の大人って感じだ。ニートだけどΣ(・∀・;)

じゃあ一応特定のキャラを何年も扱ってるこのサイトは一体何なんだぜ?
とも言われそうですが、彼等に対する気持ちは崇拝とはまた違います。
つかむしろ彼等が原作内でやった事に対しては、歳をとればとるほど、
否定的な気持ちが強くなってきてますしね。
それでも一ファンとして、彼等のきちんとした結末を話を無理やり広げてでも
描きたいって気持ちに変わりはないんで、こうやってサイトを何年も続けてる訳ですが。
書いてる物語にしても、もういろんなキャラたちが中心に絡みすぎて、
一人のキャラだけのための物語ではなくなってしまいましたし。
この結末でいいのかなぁ?とは思いつつ、それに向かって鈍足でも進んでる次第です。

そうそう、ピサロ×女勇者のアンソロが届きました!読みました!!
今回もやっぱりいろんなニヨニヨが止まりませんでした♪(´∀`)
S様をはじめとする執筆者の方々、本当にありがとうございました♪♪

しっかり萌えを充電させて頂いたので、SSの方にそろそろ取りかかりたいです。
ピサロとルーリの話だけど、ピサ勇も上手く絡ませたいと思ってます…。

あ、拍手もありがとうございます!

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »