« 行ってみたら…。 | トップページ | 苦手な日々がまた、やってくる…。 »

2010年6月13日 (日)

鋼の精神と存在意義。

クライマックスのハガレンが本当に燃え燃え展開で面白いです。
ガンガン本誌では最終回を迎えたそうですが、自分はコミックス派なので
今はアニメだけを楽しんでいます。それでも充分に面白いってすげぇ。
これほど序盤と比べてスタッフが大きく成長したアニメも珍しいな。

原作者も連載真っ只中の忙しい時に出産していたという事実を最近知り、それも驚きです。
大昔の百姓の嫁は出産直前まで畑仕事をして、出産後すぐにまた畑に出て仕事を
していたとかいう話を祖母から聞いた事がありますが、まさにそれだなと感心しました。
実際に実家が牧場で相当に鍛えられてるそうなので納得です。

ピサロルーリのSSは書いてますが、書いているうちにふと、
二次のオリキャラとは何なのだろう、その存在意義とは…と急に深く考えるようになり、
ネットでいろいろ調べていくうちに、作品に普通に馴染んでいたはずのあのキャラは、
実はアニメだけのオリキャラだったという事実をいろいろ知りました。
特に驚いたのはサザエさんの花沢さんとかアナゴさんとか、うる星やつらのメガネとか。
アニメも公的な二次っちゃー二次と言えますが、彼等存在感ありすぎだろ?
メガネは某所でメガネ特集とかいうのを見てみたら、これは某ひ○゛らしの
固有結界のルーツと言えるんじゃなかろうか?とも思えるぐらい凄すぎ。
あまりのキ○ガイっぷりに一部の原作ファンからは批判もあったそうですが、
一オリキャラを公式アニメの中で暴走させたスタッフと、アドリブを交えて彼を演じきった千葉繁さんは尊敬に値します。
そう考えると同人の二次サイトのウチなんてまだまだだ、とより考えさせられました。

多数のオリキャラたちの存在があって成り立っているこのサイトですが、
原作キャラたちとのバランスとはどうあるべきなのか、どう違和感なく描くべきなのか、
どう自分の色を出すべきなのか……この辺はもうこのサイトにとっては
永遠のテーマなのかもしれません。てな感じで執筆に戻ります。

|

« 行ってみたら…。 | トップページ | 苦手な日々がまた、やってくる…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事