« ミッションコンプリート! | トップページ | オッサン祭! »

2010年10月21日 (木)

摂津市参上!

『FF6<#2>』10日ほどで更新できました。
まあ元々は前回の話と一つの話の予定だったんで、
すぐに更新するのは当然っちゃー当然なんですが。

てか序章の頃はこれぐらいのペースで更新してたんだっけなぁ…。
あの頃はサイトを作る前に書いておいたストックを溜め込んでたからできた事ですが。
それでも懐かしすぎです。初心忘るべからずですねぇ……。

拍手ありがとうございます!

↓以下、今回の話について。

なかなか難しいと嘆いてた元祖傷男…
どうにか彼らしく描けたかなとは思いますが…どうだろ?
それでも同じ傷男の<#2>クライドとはやはり印象が全く違うなぁ。
セツの場合は痛々しさを全く与えないように描きましたから。

てか彼と絡んだのはミドです。おっとりぽわぽわ眼鏡っ子です。
セツを本編に出すのを決めてから、彼女と絡ませる事は考えてました。
ドロドロしまくりのクライドとサリナとは違い、この二人は何とも平和そうです。
まあ恋愛関係にするような勇気はないですけどね。
それにしてもミシディアウサギって、謎の存在ですよね。
インセプのようなペットなのか、セツだけが召還できる存在なのか。
そもそも彼のスロット技がどういう仕組みなのかも謎だし。
ややこしい事は考えられないんで、単純にペットという事にしました。
ダリルはやっぱり特別な存在として描いていきたいです。
セツが彼女に恋愛感情があったかなかったかは多分ぼかすかなぁ?

ティナがクライドに激しく感情をぶつける所も前から早く描きたかったシーンです。
人間的に大きく変わった者と変われてない者との対比って感じで。
自分の父親が消滅する所を目の当たりにして、孤児たちの母親代わりを
何年も努めていた彼女なら、人間としてクライドに対して思う事は
いっぱいいろいろあったんだろうなぁと思うのです。

次回はレンがクライドに告白(愛のじゃないよ)する話の予定ですが、
もちろん彼がすんなりと受け入れる訳はないのですよ。
これも早めに更新したいです。

|

« ミッションコンプリート! | トップページ | オッサン祭! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事