« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

1人じゃ、なきゃ、イヤなんです!

寒いから肉や野菜を煮込んで鍋にするぜー、
でっかい鍋にぶち込むぜーと鍋を取り出したら、
底に小さい穴がポツポツ空いて使い物にならなくなってましたorz
どうやらこの鍋を半年以上、流しにつけっぱなしにしてたからみたいだ。

つくづく自分は家政夫以外とは結婚できない、
いや、しちゃいけない人間だなーと再認識しました。
親は必死こいて結婚させようとしてた時期もあったんだけど、
精神的に自立しきった、完全な個人主義者を無理やり結婚させても、
相手を泣かせて不幸にするだけだと心の底から思います。
つか誰かの事を24時間思ってろとか、自分には無理すぎる。
恋人いない人間、結婚しない人間が増えてる事実を、
マスゴミは必死に問題視しようとしてるみたいだけど、
なんだかなーって感じだわ(;´д`)
だってブームって事になってる婚活とかナントカ流スターも
結局マスゴミ操作で作り上げられたものだしねぇ…。

『南極大陸』遂に犬好きにはつらすぎる展開に入ってしまった。・゚・(ノД`)・゚・。
でも芦田愛菜ちゃんの顔の疲れようは、見てて心配になった。
彼女が出てくるシーンは泣けるシーンのハズなんだけど、
その顔つきを見ると「え…」としかなれないって感じで。
キムタクを引っぱたく直前の香川さんの顔は猿之助パパそっくりすぎて、
完全に真剣なシーンなのに噴いてしまったケド(・∀・;)

あとポメラの新型機出たのか。
一気に進化したって感じだが、
社会人なら手出しは充分にできる値段ではあるが、
持ってるポメラは買ってまだ2年程だし…。
スマホは大して興味はないっちゃーないんだが、
これに関しては本当に迷ってしまう…!!

しっかし某次男一家と某デ○゛ィ夫人、どうしたらこの国からいなくなるんだ?
追放が無理ならマスゴミもネットもない場所に徹底的に隔離してほしい。
もうこれ以上、この国を、日本人を侮辱すんじゃねーよと言いたいわ。

|

2011年11月21日 (月)

ホークスの応援歌がカッコよすぎる件。

来月の南座の顔見世のチケット取っちゃった(・∀・;)
三等席だけど、日曜の夜の部だけど、最後まで見ても帰れる距離だし、
歌舞伎を生で初体験してきま~す。
でもその日の『南極大陸』は見られないなぁ…orz

今日は町内の秋祭りに行ってきて、
フリマで売ってた、50年以上前に出版された
『日本風俗史講座』全12巻(5、8巻は欠けてたけど)セットを
1500円でゲットしてきたぜ!

ネットで調べたら、やはりそれなりの値段がする本のようです。
なぜそんな貴重な本がフリマで売られてたのかは不明だ…。
「元々はどんな方が持ってたんですか?」って店の人に尋ねても
知らないようだったので、さほど価値のある本とも思わずに売ってたようです。
真剣に問い詰めたからか、私を古本屋の人間かと思ったみたいだし(゚ー゚;)
どんな掘り出し物が売ってるか解らないから、この祭りのフリマは面白い!

この1週間は『キサラギ』と『カイジ』と『MR.BRAIN(1巻)』を見てました。
香川さん、どの作品でもいいキャラしてるなぁ…。
いちご娘。は最初はキモかったけど、見れば見る程に可愛いと思えましたw
つかカチューシャ似合いすぎ。まさかこの映画がきっかけで中車の名を…?
利根川も原作とはまた違うそうですが、マジ鬼畜っぷりが最高でしたわ(´∀`)

南極大陸は酷すぎるにも程がある予告詐欺に遭いましたが、
次週から一気に重くなりそうですね。犬たちが遂に…。・゜・(ノД`)・゜・。
もう少し南極生活をじっくり描いてほしかったですけど。
隊員たちがアザラシ撃って捕まえて解体して喰うサバイバルエピ(実話)とか。
つか今日の話の香川さん、トイレで何してたんだ?
時間かけて、やけにスッキリした顔で出てくるって、まさか…ねぇ?( ̄Д ̄;;
確かあの隊長のモデルになった方は、某南極…の性能を
試してくれと頼まれて断ったとか何とか。
前回のが腐全開なお話だったからか、もう変な想像しかできない><

拍手ありがとうございます!
↓以下、拍手レス。

続きを読む "ホークスの応援歌がカッコよすぎる件。"

|

2011年11月11日 (金)

100年に1度だけの111111。

『絶頂帝國。』は8周年を迎えました!
新トップ絵、下描き段階では『入りたきゃ、入れ。』だったのに、
本番では、なぜか『ハイ☆ル。』になっちゃったΣ(゚д゚;)
描いてるうちに気が変わる、気まぐれは相変わらずのようですな。

シャドウさんは長いビロビロが猫のシッポ代わり。
狐忠信の帯がシッポになってるようなモンだね。
ピサロさんにはスライムの服も着せようかとも思ったけど、
誰なのか解らなくなるのと、本人が思いっきり拒んだのでやめました。
「この私にウ○チの格好をしろと言うのか!?」って感じで。(←ちょ!

今年は閲覧者さま参加のアンケ企画はなしです。
だって8年目はマトモに更新できてなかったから…(;´д`)
エリックさんあたりで期間限定なりきりツイッターなんていう、
極悪アホ企画やってもよかったんですけど。
当の私自身がツイッターに未だ踏み込んでもないのに、コレハナイ(・∀・;)
その代わり、近いうちにぶっ壊れたネタやりたいと思ってます。

あと今回の8周年を機に、長年使ってきたHNを変えました。
変えたと言っても『ウヤカリ』を取って、只の『ザキト』になっただけですけど。
正直、ウヤカリザキトのウヤカリって必要なんだろうか…?と、
この1・2年ほど考えるようになってきまして。
全部カタカナで、区切り方が解りにくいっちゃー解りにくい名前だしで、
だったらいっそ下の名前だけにしちゃえっていう今更な感もある改名です。
サーチエンジンではウヤカリザキトのままにしてあるトコもあるんで、
リンクしてくださってる方は、直すの面倒だったら別に今までのままで結構です。

気まぐれ更新は今後も変わらないので、ご迷惑をおかけするとは思いますが、
これからも『絶頂帝國。』をよろしくお願いしますでござる!って事で。

|

2011年11月 6日 (日)

汚ねぇ字だ!

汚ねぇ字だ!
↑新トップ絵の下描きの一部です。
年に一度、この時だけ原作寄りの絵を描くウチのサイトですが、
果たして今回は……う~ん、どうなんだろ(゚ー゚;)

|

2011年11月 3日 (木)

90年代の関西深夜バラエティーはマジ神だった。

今日は祝日で、カレンダーどおりに会社が中途半端に休みだったんだけど、
今日ほどその中途半端な休日に感謝した事はないです。
『すんげー!BEST10』1日限りの復活がテレビで見られたから!

すんげーは自分の青春の象徴と言える番組でした。
土曜にやってて、月曜は学校で友人とその話で盛り上がってたわ。
あの番組がきっかけで2丁目芸人にハマリ、
千原の追っかけみたいな事もしてました。
徳島にライブに来た時は必ず行って、出待ちもしてたわ。
岡山のプールにジャリズムと営業に来るって聞いて、
当時岡山住まいだった姉のもとに押しかけ、見にいったのもいい思い出(´∀`)

出てた芸人たちも現在明暗がくっきり分かれましたが、
千原やサバンナやケンコバ、中川家やなだぎは当時から売れると思ってましたが、
まさかたむけんが売れるとは思ってもなかったなぁ。
すんげー時代は、たむけんなんて呼ばれてもなかったし。
彼が売れたのって、すんげー終了後の超ドン底時代から助けてくれた、
『黄金伝説』で一緒に節約生活してた奥さんのおかげでもあるしね。
ジャリズムに関しては、どうしてこうなった…って感じの代表だわorz
ナベアツはあの相方を持った事が不幸だったのか…(;´д`)

終了から10年以上もたつと、さすがに皆老けたな~って感じだったけど、
セットも昔の、しかも番組全盛期の頃のセットの再現だったし、
ネタを始める前に、そのネタに出てくる芸人たちが脱ぐトコもちゃんとやってたし、
水玉れっぷう隊が今もムキムキだった事にちょっと感動。
これで昔の通りに土曜の深夜にやって、千原のバカトークコーナーがあって、
女性アシスタントも仙北谷晴美さんだったらもっとよかったのに…!
いや、1日だけでも復活できたんだから文句は言わない。

ジュニアと陣内と山下がやってたユニットコント
『メガネ部』がチラッと見られた事にも感動。
つべに行ったら全編うpされてて、今見ても最強だった!(゚∀゚)

10代の頃に夢中になったものって、ジャンル関係なく、
いい歳の大人になった今でも大きく影響してるものだと改めて思いました!

|

2011年11月 2日 (水)

この調子だとすぐ原作に追いつかね?

新アニメ版ハンタを見ました~。
OPとEDは原作初期の明るいワクテカ雰囲気がちゃんと出てるって感じ。
声優は旧作と比較すると、本当に豪華になったなぁ…。

ゴンは今までのゴンの中では一番カワイイ声。
クラピカは今までのクラピカの中では一番綺麗な声。
レオリオは今までのレオリオの中では一番オッサン声(^ω^;)
キルアは、ようやく初めて「キルアだ!」と言えた声でした。
ヒソカは……イケメン声すぎて変態じゃなくなってる、だと!?
(旧作の高橋ヒソカは旧声優陣の中では唯一評価してたんで…(・∀・;)

それ以上に脇役陣がやたら無駄に豪華だな~。
ミトさんが新ゴンの中の人のリアルお母様って…。
内海さんがパイロット版で演じた船長さんまさかの再登板にも驚き。
サトツさんの古川さんは淡々と安定しきってますね~。
まだ出てきてないけど会長の永井一郎さん…頑張って、
あの自爆シーンまで演じきってください!(え?

声優がよくて、キャラデザも原作に忠実な分、
肝心のストーリーがハショられすぎなのが残念すぎ!
旧作ではオリジナル設定やらエピを無駄に詰め込みまくって、
新作は余計な設定やエピは入れないけど話はあっさりカットって……
まるで新旧ハガレンと全く一緒じゃないか!
新ハガレン同様に、中盤からのヒートアップを信じたいです。
人気漫画を本当に原作どおりにアニメ化するのは、本当に難しいようですな…(;´д`)

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »