« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

もっと評価されるべき!

あなた、藤井千秋を知っていますか?(江戸の牙ふうに

藤井千秋さんは昭和中期に活躍されたイラストレーターで、
女性のような名前だけど、男性です。
昭和の終わりに60歳そこそこの若さで亡くなっています。
同年代に活躍された中原淳一さんとは対照的に、
彼の名や作品は忘却の流れに巻き込まれてしまったようです…。

なぜ彼の名前を知ったかといいますと、実家の物置で眠っていた、
子供の頃に読んだ世界の童話シリーズという本の中の『人魚姫』の挿絵が
あまりにも懐かしく美しく、同時にこれは今でも通用する絵柄だ!と思って
その本を物置から抜き取ってきたのがきっかけ。

てか山田章博さんの絵が好きな方なら、絶対に惹かれそうな絵だと思います。
藤井さんの絵を見た時、山田さんの絵を真っ先に思い出しましたから。
山田さんも多分……世代的に絵本や雑誌や小説の挿絵などで、
リアルタイムでの藤井さんの活躍を見ていたかもしれないので、
何らかの影響を受けているのではないでしょうか?

その藤井さんの画集の存在を知って、昨日ようやく購入しました。
いや~、本当に美しいです。
ただ表紙の絵はもっといい絵あっただろ?って感じですけど。

中原淳一さんは今でも画集やグッズが多く出されているのに、
藤井千秋さんはなぜ埋もれてしまっているのか…それが悲しいです。
やっぱり前者は雑誌編集の仕事も積極的に行っていて、
いろんな世界での交友関係が広かったのも大きいのかな?

とにかく、ネットでも彼の絵が見られるギャラリーがあるので、
知らない人は、一度でも見てほしい!です。

|

2013年7月15日 (月)

3連休じゃ足りない!

10月の南座の玉さまの公演『アマテラス』のチケットとったぞ!
まだ3ヶ月も先の事ですが、早めにとっておかないと、
玉さまレベルになるとすぐに完売しちゃうんで。
リアルアマテラスといえばA子さまですが、
玉さまのアマテラスもさぞかしお美しい事でしょう!

近頃なぜか『ピングー』が好きです。
そう。あのペンギン一家のクレイアニメです。
初期シリーズの可愛いだけじゃなくて、毒があってリアルな感じがいいです。
近年の新シリーズは毒のない、やたら子供っぽい内容になってると思ったら、
制作会社変わってんのね。しかもトーマスを改悪した会社のもとで。
大人が見ても楽しめる作品が、悪い意味で万人受けを狙った、
ありふれた内容に変えられてしまうのは残念な事です。

そういう意味ではデズニーも…ウォルト存命の頃と死後の作品を比べると、
やっぱり何かが違うって感じだし。
(もちろん素晴らしい作品もたくさんありますが)
特にミッキー&フレンズ関係の作品は違いが解りやすいかと。
ミッキードナルドグーフィーがハイテンションにバカやって騒いで、
グーフィーがヨダレ垂らしたアヘ顔すればいいって訳じゃないんだわ。

『FF6<#2>』の更新、盆休みまではできたらいいな!
しかしIEの問題なのか?サイト表示の一部がおかしくなってる??

|

2013年7月 6日 (土)

うppppp~♪

『ダンガンロンパ』のアニメを見ました。

いや~、動くモノクマやキャラたちが見れて感動ですわ。
原作…ってかゲームは何パターンかの立ち絵で表現してたって感じで、
直接動いてるって訳じゃなかったしなー。

音楽も原作そのままだったし、
OPも原作のをアニメ風に上手くアレンジできてたと思います。
1話見た感じだと、主なシーンは上手く再現できてたと思うけど、
尺の都合か端折りすぎな感がするのが残念かな。
次回予告はなかったけど、展開は原作どおり……なんだろうかやっぱり。
被害者加害者が変わって独自の展開に走ったら、それはそれで面白そうだけど。
裁判がどんな感じでアニメで表現されるのか気になるわぁ~。

ラスボスのビッチはとにかく嫌悪感しか沸かんが、
モノクマは好きなんで、この夏も黒のぶ代を楽しみたいです。

5歳となった姪っ子にはのぶ代ドラのDVDをプレゼントしました。
もう少し大きくなったら、「ドラえもんが悪に染まったよ~」って言って、
ダンガンロンパをプレイさせたいぜ!(だからやめろ

姉からはお礼の電話が一応ありましたが……
なんかこの人と喋った後は、昔から気分が重くなるのは何でなんだろう?
文句を言われたとかじゃないけど(常に文句は多い人だけど)、
喋る度に何かをえぐられる感が半端ないというかもうね。
神経質の生真面目で、情緒不安定ゆえに他人や周囲の事を
必要以上に知りたがって関心を持ちすぎて外面をつくろう者と、
気まぐれでごく一部の好きなもの以外は基本周囲には無関心すぎる、
ある意味自分に正直に生きる者の違いなんでしょうかねぇ?
精神的に極端に似てなさすぎるウチの姉妹は。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »